幸せさがし(マリモ編…その1)【らくぱだより 第20号】

 まっかなおっは~なっのぉ~♪
今年もクリスマスの季節がやってきましたね。らくぱの教室でもクリスマスツリーを飾りましたよ~
なんだか華やかです。華やかすぎて落ちつきませんがな~
d ( ̄ ・ ̄)ヾ(^o^; )オイオイ

マリモ
 さてさて、今回はスタッフ井上のどうでもいいつぶやきをお伝えいたします。
 最近わが家の庭にネコが出没するようになりました。わが家は猫アレルギーの娘に加えてぜんそく持ちの旦那様がいまして、毛の生えた動物は飼えません。今まで飼ったことのあるペットは金魚と・・・
“マリモのマリ”ちゃんだけです。

 マリモのマリちゃんは釧路出身で、そのころ小学生だった娘の、担任の先生の北海道みやげとしてわが家にやってきました。最初はアメ玉ほどの大きさで、それは可愛い小さな小瓶に入ってやってきました。
 はじめのころ、マリモのマリちゃんは娘の学習机のすみっこのほうで、ただ静かに娘のようすを見守ってくれていました。ですが、よくよく考えてみると北海道出身のマリモのマリちゃんが、熊本の夏の暑さに耐えられるわけがありません。
 そうです、いっしょに熊本にやってきた娘のクラスのほとんどの家庭で、先生のお土産は夏を越すことができませんでした。
 そんな話がママ友たちの間で交わされていたころ。わが家のマリモのマリちゃんは、根性で熊本の夏の暑さに耐え、生き延びたのです。
ですが、マリモのマリちゃんが話せたなら「暑いよ~阿寒湖に帰りたいよ~」と訴えていたはず。今ごろになって調べてみたところ、夏場は冷蔵庫で飼ってくださいと…もう今さらです。
 この暑い熊本でウン十年間生きてきたマリモのマリちゃんは、最初の年こそ学習机が縄張りでしたが、次の年からは台所が生息域になりました。…つづく

 ちなみに 右の絵は、利用者Mさまにペイントで描いていただきました。マウスで絵を描くのはむずかしいんですよ~Mさま、ムリ言ってごめんなさい。でもとっても上手ですよね。


 さて「就労移行支援事業所ジョブサポートらくぱ」では障がいのある方々の”働きたい”をITを通して支援しています
ご興味お問い合わせは→こちら←からどうぞ